TOPページの3つの記事は去年の今頃いた場所です

~165日目~ 知床の紅葉ベストシーズン 知床峠を自転車で上ったぞ! [ウトロ-羅臼]

~165日目~ 知床の紅葉ベストシーズン 知床峠を自転車で上ったぞ! [ウトロ-羅臼]

今日は羅臼まで移動します。 羅臼へ行くにはウトロから知床峠を上る必要があります。 標高700m程度あるので気合入れて行きました。

 

 

とらぶった
さて、今日はさっさと行きますか

 

紅葉の知床峠を自転車で行こう

 

 

とらぶった
昨日と同じ道進むよ

 

プユニ岬を通り、フレペの滝の案内所を通ります。そこから知床五湖へ行く道と知床峠へ行く道で分かれています。 知床峠は標高700mと高いですが、斜度は緩やかで上りやすいです。 斜度が低い代わりにその分距離が長くなるのでキツイ時間は続きますが、上れないことはないはずです。

 

 

コン太郎
これは紅葉してるのかな?
とらぶった
紅くはないね

 

紅葉と言えばモミジの赤色ですが、知床の紅葉は赤ではなく黄色です。斜里にいた時に知床観光協会に紅葉の具合を聞いた時は今が丁度見頃という事でした。ですがその日クリオネキャンプ場で同じ日に知床に行ってきた人の話を聞くとあと1週間はかかると言っていました。 紅葉と言えば赤。そういう認識の人が多いので良い時期を逃す可能性があります。ベストな日に行きたいのであれば、行ってきた人よりも観光協会に直接連絡したほうが正確です。

 

とらぶった
まぁ現地にいる人に聞くのがベストだよねぇ

 

 

 

とらぶった
ダラダラ続くのって嫌だなぁ~
コン太郎
それにしても黄色でもない気がするコン
とらぶった
写真で見るとね~
とらぶった
実際はもう少し黄色いよ

 

 

とらぶった
それよりも羅臼岳が見えたぞ!

 

10月5日、羅臼岳の頂上は既に雪が積もっていました。 さすが北海道ですね。ライダーハウス クリオネで聞いた話だと羅臼側は曇りの確立が高いそうです。そういう事もあり今回は羅臼岳の頂上は残念ながら見ることが出来ませんでした。 見れた人はラッキーかもしれません。

 

とらぶった
羅臼岳登山するのは大変そうだねぇ~
コン太郎
結構難易度高めかもね

 

 

とらぶった
ほら、紅葉って感じでしょ
コン太郎
お!確かに黄色いコン

 

 

とらぶった
頑張って上ってきたな
とらぶった
もうひと息!!

 

 

 

とらぶった
到着~~~
コン太郎
お疲れだコン
とらぶった
はぁ~疲れ・・・

 

とらぶった
って寒!!!!

もうそれは半端じゃない寒さ。 人生の中で今が一番寒いと本気で感じました。ゆったり記念撮影だー なんてやってられないレベルです。 峠の頂上は風も強いですし体感温度は0℃切ってたと思います。

 

 

とらぶった
海の向こうは何々だよ
とらぶった
とか解説あったけど、それどころじゃない!!
とらぶった
死ぬ!!!

 

 

 

紅葉を見ながら羅臼の方へ下っていきました。 下る時の寒さなんて言ったら・・・ もう言葉に出来ないほどです。 北海道に来てからほぼずっとmont-bellのゴアテックスレインウェアを着ています。 ゴアテックスは雨だけではなく風にも強いので着ています。ですが当たる風が強いとどうしてもファスナー部分から風が入り込んでしまうので今回は意味がありません。

 

とらぶった
寒すぎるとね・・・笑っちゃうんだよ!
コン太郎
えぇ・・・

 

本当に寒すぎて笑いました。 上ってきた時に掻いた汗でインナーシャツは濡れて下る時に一気に冷やされ地獄の寒さを味わいました。

 

とらぶった
耐えるぞ! なぜなら熊の湯があるから!!

 

寒さの後は超熱い温泉に入ろう 熊の湯

 

羅臼の町に後少しで到着するであろうという所にあるのが無料で入れる熊の湯という温泉です。 知床にはいくつか無料の温泉がありますが、今年は入れるのはここくらいでした。

 

とらぶった
カムイワッカの湯は柵で囲われて
とらぶった
相泊温泉は去年の台風にやられてしまって
とらぶった
残す所はここぐらい!

 

セセキ温泉という海の中にある温泉もありますが、時間が合わず入ることは出来ませんでした。 というか遠い。

 

とらぶった
というわけで、早速入ろう!

 

 

ちょろっと歩けばすぐ着きます。

 

 

 

とらぶった
男は露天風呂、女性は内風呂かな?

 

 

とらぶった
そんでこれが熊の湯!

 

とらぶった
はっ!!
とらぶった
ギリセーフ!
コン太郎
危ないところだコン

 

この温泉滅茶苦茶暑いです。 写真の右手前が一番ぬるく、左奥が超高温です。他の方のブログとかを見ると熊の湯は熱すぎて長湯しなかったとか目にしますが、正しい入り方をすれば長湯も可能です。 泉温は63℃だそうです。

 

とらぶった
よし!まずはお湯を被って・・・

とらぶった
熱っっっ!!

 

とらぶった
よ、よし 足から入れるか・・・

 

とらぶった
熱っっっ!!

 

 

とらぶった
なんじゃこの熱さは!

 

最初は熊の湯の入り方を知らなかったので、我慢して入っても耐えられません。 しかし丁度地元の方が正しい入り方を教えてくれました。

 

とらぶった
出たり入ったりするんだってさ

 

コン太郎
冷えちゃうんじゃないんだコンか?

 

とらぶった
そう思うでしょ~

 

しかし面白い事に2回目、3回目と繰り返す事にどんどん慣れていきます。例え数分間外に出ても同じです。

 

とらぶった
一回目さえ頑張れば入れるね

 

1回目も入れない人は水が出てるホースがあるので入ってる人に相談してから加水しましょう。 熊の湯ルールです。 地元の方は超高温の所にいきなり入るような人達なので温度が低下するのを好んでいません。

 

 

とらぶった
地元の人達と話して30分入ったよ

 

数回出たり入ったりを繰り返す事で全く湯冷めが起きませんでした。 無料の温泉ですし、世界遺産の温泉という事もあり、寄ったら絶対に行くべし。

知床のライダーハウス お気軽

 

とらぶった
あとは羅臼のライダーハウスへ行くだけ

 

とらぶった
熊の湯から数キロだね

 

熊の湯から数キロと言ってもライダーハウスから行くとしたら坂を上る事になるので熊の湯行ってからライハへ行くことをお勧めします。 バイクだったらどっちでもいいと思います。

 

 

とらぶった
布団は有料 テレビ有り 宿泊費1000円

 

 

 

コン太郎
美味しそうだコン

 

とらぶった
夕食は600円 相当安いよ

 

味も良かったです。ライダーハウス お気軽屋を利用するのであれば夕食はここで食べといた方が良いと思います。

 

 

 

道の駅もすぐ近くにありますが、テント設営しにくい場所でした。

 

ライダーハウスは私一人でテキトーにテレビ見ながら一日を過ごしました。 世界遺産知床の感想ですが、知床は野生動物を見ないと本当に堪能したとは言えない場所だなと思いました。 熊はもちろんシャチやクジラにも出会えるそうです。 名所の感想は天気に恵まれないとイマイチだと思います。 なので知床行くのであれば晴れ予報が続く時に行った方が良いと思います。中途半端な晴れ予報だと羅臼側が曇る可能性がありますので。

 

 

 

 

 

 

自転車観光カテゴリの最新記事