~177日目~ 行く価値十分!硫黄臭漂う地獄谷  [苫小牧ー登別]

1日休んだとはいえ200km以上走ったので体を休めるため登別温泉に行く事にしました。 まぁ最初から行く予定ではあったんですがね。

とらぶった
登別温泉も入浴剤で有名だよね~

 

登別温泉町へ行った後は近くの街にネットカフェがあるのでそこまで行きます。登別の温泉郷は少々標高高めなのでそこそこの覚悟で行きます。

 

コン太郎
道は分かりやすい感じだコン

 

 

とらぶった
この場所は地図で言うと、登別へ曲がってる部分だね
no name
随分省略したコンね

 

多少坂になっていましたが、そこまで距離が長くありませんでした。 登別の坂が嫌で見に行かないのはもったいないと思います。

 

 

とらぶった
ちょっと上るだけでこんな道へ
no name
狙っただけあって、今回も紅葉が良い感じ

 

とらぶった
登別温泉に到着
no name
随分と旅館が多いんだコンね
とらぶった
そうだね 秘境って感じではなかったね

 

no name
観光地化されてるってヤツだコンね
とらぶった
賑やかだったね~

 

以前ライダーハウスで会った方で人ごみが嫌いで登別のような賑やかになっている場所が嫌いという方がいました。 たかがそれぐらいで毛嫌いするのも変だと私は思っちゃいます。 それにむしろ私としては誰もいない温泉とかよりも賑やかな方が温泉地に来たぞ!という気持ちになるのでこっちの方が好きですね。

 

登別温泉 日帰り入浴は少々高め

 

とらぶった
登別には地獄谷があるから、行くんだけど、その前に
とらぶった
温泉入らないとね!

 

登別温泉日帰り http://www.noboribetsu-spa.jp/?page_id=908&lang=ja

 

私の予算は既にギリギリ。 あまり余裕は無かったので普通なら安い場所にするんでしょうけども、昨日200kmも走ったので贅沢をしたい気分でした。

とらぶった
そんで行ったのは第一滝本館
とらぶった
何とお値段2000円
no name
ぎょええ どんだけ高いんじゃああああ
とらぶった
自分でもびっくり

 

 

これが第一本館。日帰りの場合は裏口から入ります。

 

中は完璧な豪勢な旅館といった感じで、エスカレーターなどあり大浴場までもそこそこの距離がありました。 さすが2000円。

 

とらぶった
大浴場はスーパー銭湯並みに大きかったよ
とらぶった
温泉に入りながら地獄谷も見えました

 

ただ珍しい事に風呂場を工事している最中で、入れない浴槽などもありました。 それなら少しくらい値下げして欲しかったな~  お湯の種類はたくさんありましたが、温泉地の雰囲気というのはそこまで味わえませんでした。 良い温泉でしたが2000円の価値があったかは怪しい所です。

 

とらぶった
あんまボク効能とか気にしないから そこ配慮してね

 

第一滝本館の目の前に鬼の金棒だらけの温源公園があります。

 

とらぶった
ここには間欠泉があるんだ

 

 

とらぶった
もう滅茶苦茶煙凄いのね

 

活動する時間は50分、噴出する高さは約8m、温度は約80度、噴出する湯量は2000ℓらしいです。 看板に書いてありました。

 

とらぶった
2000ℓなんて想像付かないコン
とらぶった
登別は1日1万トンのお湯が生まれるんだってさ

 

 

自転車は公園前に置き、地獄谷へと行きました。 地獄谷までは公園から徒歩5分の距離です。 観光マップで見ると距離感がイマイチ掴めないのでバスとか利用するのかな?とか悩んでいましたが徒歩で全く問題ありません。

登別地獄谷は絶対行きましょう

 

 

とらぶった
スケールの大きさに驚いたよ
とらぶった
今までの観光地には無かった感じだね

 

no name
観光客も多いコン
とらぶった
中国とか韓国がやっぱ多いかったかな?

 

 

上の写真の左側に見えるのが散策路です。 ここは絶対行きましょう。

 

 

とらぶった
あちこちで煙出てるし、この岩の色!
とらぶった
ありきたりな観光地じゃないよ

 

どこ撮っても絵になります。 温泉で2000円は少々高かった感じがしましたが、地獄谷の素晴らしさでそんな事はスッカリ忘れていました。

 

 

とらぶった
人が集まってる所に間欠泉があるよ

 

 

20分くらいの間隔で溢れだすと説明があったので待っていましたが、探索時間が少なくなるのが嫌で結局見る事が出来ませんでした。

 

 

とらぶった
遠くには印象的な岩も良いアクセントになってたよ

 

風が強ければなお良し 大湯沼

 

この散策路を進むと次の大湯沼があります。 一見全然違う場所に行ってしまうような感じの道なので引き返す人も多いですが、問題ありません。

 

 

とらぶった
20分くらい歩けば大湯沼行けるよ

 

 

とらぶった
途中シカいたよ こんな所にもいるんだね
no name
確かに

 

 

やがてこんな感じの場所が見えてきます。 こちらは奥の湯です。反対側にはもっと大きい大湯沼があります。

 

 

no name
こっちが奥の湯か~

 

ここは車で来れるようですね。 きっとバスも通ってると思いますが地獄谷からそこまで離れてる訳ではないので健康であれば歩いて行きましょう。

 

 

no name
湯煙が凄いコン

 

お湯なので湯気が大量です。 この時風が吹いたんですがその時の光景はもう言葉では表せないくらい美しかったです。

とらぶった
湯煙が舞う光景に皆注目してたね

 

 

とらぶった
これだけで来た甲斐があったよ

 

自然の中で天然の足湯に入ろう

 

ここから先へ進むと天然の足湯へ行く事が出来ます。 足湯までもそこまで距離がないので徒歩で十分行けます。

 

とらぶった
この流れてる川は温泉なんだ~
no name
川が既に温泉とは驚きだコン

 

 

足湯が出来る場所は決まっています。 私が行った時は夕方だったので数人いました。

 

とらぶった
こんな感じで入ったわけですよ

 

足湯から進めば温泉街に行けます。

 

 

登別温泉は温泉としては値段がどこも高く今まで入った別府温泉や乳頭温泉みたいな満足感はありませんでしたが、地獄谷の観光はなかなかの物でした。 そこまで山の中ではありませんし、比較的行きやすいのでぜひ行ってみてください。 行く価値は十分にあります。

 

 

この日はネットカフェへ行きました。 道南と言えど北海道なので非常に寒いです。 テント設営するには時間が遅くて野宿する気になれませんでした。 明日は洞爺湖を見てから長万部のライダーハウスへ行きます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


人気ブログランキング