TOPページの3つの記事は去年の今頃いた場所です

~41日目~ 四国最南端室戸岬 空海の好んだ地 [徳島]

~41日目~ 四国最南端室戸岬 空海の好んだ地 [徳島]

国道55号、アップダウンが続く長い道を乗り越えようやく辿り着いた室戸岬。大変でしたが展望台まで行きました。

 

とらぶった
ビックリするよ
とらぶった
道の駅から室戸岬までコンビニ一カ所だけだよ!

 

コン太郎
住んでる人大変そう

 

道中での出来事

 

道の駅を出てすぐに反対側から自転車で日本一周している人に出会いました。その人は四国を反時計周りで次に九州行く予定でした。

 

とらぶった
その人新潟から船で北海道に行くらしい
コン太郎
寒いから先に回るのか
とらぶった
そう

 

北海道を回った後新潟に戻り、自転車で北上するようです。私と同じルートなので自転車で北海道まで行くと到着が遅くなって寒すぎるのではないかと再び心配するようになりました。

 

とらぶった
ホントずっと悩んでるよ
とらぶった
北海道はまた来年
とらぶった
なんていうのも嫌だしねー

 

ショートカットも仕方ないと思い、いつもどこを通るか考えています。

 

とらぶった
そしてさらに走ると

 

昨日道の駅で話したおばさんが車で通り過ぎる時に気づいてくれて、ミカン?伊予柑?をくれました。

 

とらぶった
感謝!
とらぶった
コンビニないから助かったよ

 

空海悟りの地 室戸岬

 

全然知らなかったのですが空海はここで修行をしていたそうです。空海が何を行ったかとか知りませんが、空海の名前の由来、洞窟から外を見たときに空と海だけだった。そこから空海という名前が生まれた事は知っていました。

 

とらぶった
でも空海ってより空森って感じ!
とらぶった
海見えん!

 

昔は海岸線が今よりも上にあったそうです。なので今は見ることが出来ません。

 

とらぶった
室戸岬の先端に行ったんだ
とらぶった
思ってたのと違ったよ

 

てっきり高台に「室戸岬」と書かれた看板があって、そこから海を眺める感じと思いきや、珍しい感じの岩だらけでした。行けば分かるのですが海と同じ高さにいるので想像しているのと違ったという人もいるのではないでしょうか?

 

とらぶった
え!?てかあれ何?

コン太郎
寝れるんですかねぇ
とらぶった
あの根性羨ましい~
とらぶった
いつかやってみたいなー
とらぶった
まぁとりあえず
とらぶった
岩の上に登って昼ご飯だ!

 

先ほどおばさんから貰ったミカンとサンドイッチを食べました。ちょうど岩の上から展望台の位置が見えました。歩いて20分で見れるのはどうせ海だろうと思いましたが、次回ここに来る事が無いだろうと思って行く事にしました。

 

徒歩で登る場合お遍路の道を登る事になります。お遍路するつもりはありませんでしたが、少しでも体験出来たのは良かったです。これも灯台を目指したおかげです。

 

とらぶった
自転車で慣れたとはいえ、やっぱ辛い
とらぶった
お遍路する人も大変だー

 

とらぶった
着いたぞ!ってあれ?

 

正面に寺。

寺を見渡し引き返そうとしたときに案内板。どうやら寺を正面にした時に左方面へ行けば灯台がありました。

 

展望台ではなく灯台なので登る事は出来ません。 ですが眺めは最高。結局は海と近くの山くらいしか見えませんが、海というのは見飽きません。いつ見ても最高です。

とらぶった
昔から思ってたんだけど
とらぶった
海、空とかって世界遺産より規模大きいよね

 

残しておくべき遺産とは違いますが、視界に収まりきらない規模のものが絶えず変化し動いているものは空と海くらいでしょう。 空海とはホント贅沢な名前ですね。

とらぶった
よーしそれじゃこれからは・・・
とらぶった
銀河ぶったと呼んでくれ

 

コン太郎
はいはい

 

道の駅まで

 

次の目的地は高知です。明後日は1日中雨予報なのでネカフェ生活にします。高知まで半日あれば着けるのでこの日は近場の道の駅へ行くことにしました。

 

とらぶった
海の駅でお食事タイム

 

 

800円程度の出費。 少々痛い金額ですが、港の近くで新鮮そうな魚が食べられると思い記念に食べることにしました。 カツオのたたきですが、ここまで美味しいのは久々に食べた気がしました。

 

とらぶった
余りにも余裕だったから休憩
とらぶった
てか物凄く眠くて寝たかったんだぁ

 

ここのベンチで1時間ほど睡眠。 最高でした。

 

そしてここから数キロ走って道の駅へ

 

 

とらぶった
今日はこんな場所に設営

 

コン太郎
隠す気0だコンね

 

この道の駅は夕日が綺麗でした。大きな道の駅ではありません。人が少ないくらいなので静かに眠れそうな場所です。

自転車観光カテゴリの最新記事