TOPページの3つの記事は去年の今頃いた場所です

~64日目~ 世界遺産屋久島 白谷雲水峡で初山小屋野宿!! [鹿児島]

~64日目~  世界遺産屋久島 白谷雲水峡で初山小屋野宿!! [鹿児島]

 

3日間で白谷雲水峡と縄文杉は取り合えず寄りたかいのですが、フェリーの到着時間が12時過ぎと観光するには遅い時間帯なので初日は近場を探索し具体的な計画を立てようと思いました。

とらぶった
フェリーにはちゃんと乗れたよ

フェリー屋久島2で世界遺産へ

 

 

とらぶった
自転車、車はここに格納されるよ

 

8時30分発で到着は12時30分。なんと屋久島まで4時間の船旅です。早くは起きましたが睡眠は浅く取ったため船内で寝て時間を潰したいと思います。

 

とらぶった
でもフェリー内を見てからだね

 

 

とらぶった
うどんを船内で食べたよ
とらぶった
味はふつう
コン太郎
そんなもんだろうね

 

 

 

船には海亀ルームや銭湯もあります。銭湯は無料で入ることも出来ます。今回は入りませんでしたが、帰り入りたいと思います。

 

とらぶった
海を眺めた後は休憩所で仮眠。
とらぶった
おやすみ~

 

 

 

 

 

 

それで起きたら11時30分でした。

とらぶった
作戦通り!

 

とらぶった
船外に出てたら屋久島が見えてきたよ
コン太郎
意外と普通の島なんだコンね

 

 

これが乗ってきたフェリー屋久島2です。 結構立派ですね。しかし降りても大した計画を立てていないので何をしてよいかわからず、近くの観光案内所で色々聞こうと行ってみました。

 

一日目は白谷雲水峡へ

 

手っ取り早く行きたい所を告げおススメのルートを聞きました。

とらぶった
まぁ観光案内所で聞けば問題ないでしょ!!

 

白谷雲水峡と縄文杉を効率よく回る方法を教えてもらいました。まず港からバスで雲水峡まで行き、白谷小屋という山小屋で野宿し、次の日に白谷小屋から縄文杉まで行き、帰りは荒川登山道の方に向かうという方法です。

 

普通縄文杉に行く方法は荒川登山道ー縄文杉ー荒川登山道とういルートです。こちらだと同じルートを通るので飽きてしまいますが、白谷雲水峡からであれば帰りは別ルートなのでお得です。

 

屋久島の全体地図で確認すると荒川登山道~縄文杉、白谷雲水峡~縄文杉の距離はほとんど同じです。そこで疑問に思う事があります。

コン太郎
一日で荒川登山道から縄文杉往復出来るのであれば
コン太郎
雲水峡から縄文杉の往復も出来るんじゃないコンか?

 

とらぶった
そうすれば一日で行けるからねぇ
とらぶった
でも無理なんだよね

 

 

とらぶった
雲水峡までのバスは時間帯が遅いんだ!

 

縄文杉までは往復で10時間近く掛かってしまいます。縄文杉の手前ウィルソン杉までの道は時間帯が遅いと危険な道になるので通行出来なくなってしまうため、この時間帯では間に合いません。

 

とらぶった
だから一般的には荒川登山道からなんだよね

 

 

とらぶった
雲水峡は標高高くて霧っぽかったなぁ
コン太郎
運転手大変そう

 

自転車で雲水峡まで行くのは大変すぎます。霧っぽい上に半端ではない斜度の坂がずっと続くのでバスで行くことをおススメします。 今回私は14:00時のバスに乗っていきました。

 

 

とらぶった
ここが入口
とらぶった
協力金で2000円払ったんだけど
とらぶった
払わなくてもいいんだってさ
とらぶった
入場料だと思って払っちゃったよ。もー最悪

 

 

白谷雲水峡観光

 

 

 

今回は赤いコースと緑のコースを行きました。全部を回ろうと思ったのですがオレンジの奉行杉コースは増水のため通行禁止となっていました。屋久島は月に35日雨が降ると言われているほどなので、梅雨の時期に行くとこのコースは中々通ることが難しいかもしれません。

 

 

とらぶった
やっと屋久島に来たって感じがしたよ

 

 

木にもビッシりと草が生えていたりしています。

 

 

とらぶった
やたら目立つ木があるんだよね
とらぶった
この赤いのはヒメシャラっていうんだよ

 

 

コン太郎
確かに目立つコン
とらぶった
折角来たからヒメシャラは覚えて帰ろうっと

 

 

コン太郎
苔の量がすごいコン

 

とらぶった
白谷雲水峡には苔むす森ってのがあるくらいだからね

 

とらぶった
根っこが岩に絡みついてる・・・
とらぶった
生命力凄まじい!

 

 

とらぶった
周りの木と比べ物にならないよね

 

とらぶった
縄文杉はどんだけ大きいんだろうね

 

 

とらぶった
こんな道通るんだよ

岩だけでなく水も流れている場所が多数あります。トレッキングシューズは絶対に必要になります。出来れば防水。

 

 

とらぶった
こんな感じの所を横切ったりするからね

 

 

とらぶった
こんな杉もあるよ

 

文字通りくぐる事が出来る杉です。そしてこのくぐり杉を通った少し先に今回野宿する白谷小屋があります。

 

 

とらぶった
東屋みたいな感じだと思ってたけど、違ったね
コン太郎
う、うわ~ ここは泊まりたくないコン
とらぶった
・・・確かに

 

 

暗くてよく分かりませんでしたが、雨が毎日降るので絶対にカビだらけでしょう。最悪の気分でした。

とらぶった
なんかジメっとするし・・・

 

荷物を少しばかしここに置き、再び雲水峡探索開始。

 

 

とらぶった
この写真は分かりやすいでしょ
コン太郎
杉の大きさが分かり易いコン!

 

 

とらぶった
ここが苔むす森だね
コン太郎
よく「もののけ姫」の世界っぽいって言われてる所だコンね
とらぶった
そうそう

 

 

この2枚の写真ですが、上は通常モードで撮った写真。下は夕焼けモードで撮った写真です。通常モードで撮影しても実際に見える色とは違ってきます。夕焼けモードで撮った写真は少しオーバーですが、割と実際の雰囲気に近い感じではあります。それに個人的にも下の写真の色の方が好きです。 屋久島で撮影するのであれば夕焼けモードを使ってみてはいかがでしょうか?

 

とらぶった
ま、素人意見だと思ってテキトーに参考にしてね

 

 

少しボケていますが、登山道にはこのような赤い目印があるので、これを追って進めば迷う事はありません。 太鼓岩の辺りは道が険しくなってくるので、少し戸惑いましたが、目印のおかげで問題なく太鼓岩まで行くことができました。

 

 

とらぶった
これが太鼓岩

 

 

 

とらぶった
結構きれいだから行くべし!

 

白谷雲水峡の中では一番キツイ道ですが、行く価値は十分にあります。ここで記念撮影して少し休んでたらポツポツと雨が降ってきました。

とらぶった
これで雲水峡は終了だね
コン太郎
全部回れなかったのが悲しいコンね

 

小屋に向かって行ったら前に若い中国人らしき方々が3人いました。目的は同じく白谷小屋で荷物も完璧な登山装備でした。

 

 

とらぶった
で、ここにマット敷いて寝たんだ
とらぶった
てか夜暗すぎだよ
とらぶった
もう完全な闇

 

何言っているか分かりませんでしたが、中国人の方々の話し声が聞こえるだけで多少明るい気持ちが生まれたと思います。

 

とらぶった
居なかったら寂しかっただろうな~

 

環境は悪いですがよく寝れました。でもずっとここで生活していたら肺がやられそうです。壁は黒ずみ、木製ベッドは若干湿っていました。直接マットを敷きたくない人はシートとか持って行った方が気分は少し良くなると思います。ここの小屋を利用するのであれば、日が沈む前には着きたい所です。

 

とらぶった
明日は屋久島の主役縄文杉だね

 

奉行コースを抜いた白谷雲水峡観光時間は3時間20分ほどです。日が長い今の時期であれば2時のバスに乗って観光するのも可能です。奉行コース行くのであればもう一本早いバスに乗るのが良いでしょう。

 

自転車観光カテゴリの最新記事