TOPページの3つの記事は去年の今頃いた場所です

~91日目~ 鳥取砂丘はショボいのか??? [鳥取]

~91日目~ 鳥取砂丘はショボいのか??? [鳥取]

 

この日は鳥取砂丘へ観光しに行きます。 昔は鳥取砂丘に行ってみたいなーとか思っていましたが、色々な人に聞くと「大した事ない」とか「面白い」など感想がバラバラでした。実際どうなのでしょうか?

とらぶった
感想がバラバラだと微妙なのかもなー
とらぶった
期待度薄目で行きますか

 

道の駅なので朝早く出発。

 

 

 

とらぶった
24時間OPENのスーパーに行ったら貰ったんだ
とらぶった
しかも2つも!!
コン太郎
朝出発してからすぐとは、運が良いコン

 

本当は昨日の目的地は道の駅大栄でした。ここはマンガ、名探偵コナンの作者青山剛昌の出身地だそうです。 どうやら道の駅大栄も道の駅発祥と言われているそうです。 この前通った道の駅 阿武も発祥とか言われていたので、どこが本当の一番最初なのかは分かりません。

 

 

とらぶった
道の駅神話の里白うさぎでソフトクリームを食べたよ
とらぶった
梨ソフト

 

とらぶった
しかし何味だか忘れちゃうなー
コン太郎
メモっとかないとね

 

そんなにショボくないぞ 鳥取砂丘

 

 

とらぶった
鳥取砂丘の近くはお店がいっぱい

いつもは暑いのが嫌ですが、鳥取砂丘にいる時に限っては地獄のような暑さを望んでいました。しかしこの日はあいにくの曇りでした。

 

とらぶった
道路側は砂丘というか海の砂って感じだったね

 

とらぶった
ちょっと砂漠らしいでしょ
コン太郎
風って面白いコンね
コン太郎
適当に吹いてるだけなのに、こんな模様にしてくれる訳だし
とらぶった
防風林も風のせいで斜めになるもんね

 

 

とらぶった
こんな所にも植物があったよ
とらぶった
どうやって根が生えてるんだろうね

 

とらぶった
ほら結構草生えてんの
とらぶった
溝があるけど、水が溜まってたよ
コン太郎
てか砂丘結構デカいコンね
とらぶった
人が相当小さく見えるもんね

 

 

とらぶった
よっしゃ!上るぞ~
とらぶった
もちろん一番急な場所を行くから

 

 

とらぶった
あっちはおじいさんコース
とらぶった
ま、体力無くて、根性無い人向けだね!! ハッハッハ
コン太郎
言い方!!
とらぶった
ごめんごめん

 

 

とらぶった
どうよ、この足跡!!

 

私の足跡がなぜか他の人のと比べても相当大きかったです。 しかし自転車旅でも上ったことがないような急坂なので、結構疲れました。アスリートとかは普段こんな所でトレーニングしてると思うと相当凄い連中だという事が分かります。

 

とらぶった
駆け上がれば、海が見えるよ
コン太郎
あの凄い高い砂丘は一つだけだったんだコンか?
とらぶった
そうだよ
コン太郎
ふ~ん それで期待裏切られる人がいるのかもね

 

砂漠と言えば、超えても超えても同じ景色が続くサハラ砂漠のようなものが思い浮かびます。あーいうのを想像して来ると鳥取砂丘は大した事ないと思うかもしれません。 今回私は本当に期待していなかったので、実際に見てみて結構良いじゃないかと感じる事が出来ました。

 

とらぶった
やっぱ、キツイ坂登って楽しまないとね

 

この後は鳥取砂丘からすぐ近くの砂の美術館へ行きました

 

日本人リーダー達が作り上げた砂のアート

 

とらぶった
テレビで見たことあるけど、リアルだったよ

 

とらぶった
この人達が製作者だね
コン太郎
真ん中にいるのは日本人だコン!!

 

 

作品は毎年変わるようです。今年はアメリカが舞台でした。

コン太郎
砂で作ってるのかー

 

コン太郎
関心しちゃうコン

 

とらぶった
驚く事にデジカメで撮影すると
とらぶった
顔認証機能が働くんだよ
コン太郎
これだけ似てれば当然だコン

 

 

とらぶった
ハンバーガーに車

 

とらぶった
ニューヨーク!!
とらぶった
トランプタワーはどれかなー?

 

とらぶった
後ろの壁? あれ水が流れてんだよ

 

今年初の試みだそうで、砂の天敵なので制作するのも大変だったようです。

 

 

とらぶった
動物もリアル
コン太郎
サケ薄いコン

 

砂のアートは影の作り方を重要視しているそうで、横から見ると薄っぺらくても前から見ると立派に見えるようになるそうです。 実際そうでした。

 

とらぶった
この日はダンサーが踊ってくれたよ
とらぶった
声が凄かったよ

 

動物の鳴き声?をやっているのか 人間の声から相当かけ離れた声を出していたのが印象的でした。

 

 

ダンスが終わってから、急に雨が降ってきました。結局この日はネットカフェに行きました。 明日は信じられないくらい走ります。

 

自転車観光カテゴリの最新記事