旅でのスマホ充電対策 モバイルバッテリー ーAntunー

 

 

野宿が多くなるとスマホやカメラの充電が難しくなります。 

 

モバイルバッテリー購入を検討

バイクで名古屋まで往復一周間かけてぶらり旅をやった友人はマクドナルドとかで一夜を過ごしたそうなので充電はそこで行ったそうです。迷惑がかかるのでずっといるのは良くありませんが・・・。

 

そこで私はモバイルバッテリーで雨の時など移動出来ない時にどこかで充電する方法を考えました。ですが大容量ともなると相当重く、サイズも大きくなり旅には不向きです。

 

どこでも充電出来るソーラーチャージャー

 

ある日、たまたま成年が自転車で日本一周する内容の番組がやっていました。その時は北海道を回っていました。

 

それで自転車にソーラーパネルを乗せている光景がありました。これなら雨の時を除き常時充電出来るので余計な時間を割かなくて済みます。

 

お店で見かける事はありませんでしたが Amazon で3パネル付いて6000円程度で買えます。ですがソーラーチャージャー単体では充電効率が悪いらしいです。なのでモバイルバッテリーを併用して逐一溜めなければなりません。

 

小型化が最新の技術なのか充電能力がそこまで高くない製品が多いそうです。

 

スマホとの相性

 

私のスマホは台湾製の ASUS zenfone2 です。急速チャージャーとかいう規格なので電圧が高くないと充電出来ないのです。

 

ネットの情報では zenfone2 がどのパネルに対応しているかわかりませんでした。 当たり前です。以前働いていた会社では zenfone なんて名前初めて聞いた人が大半でした。 結局調べる手段はメーカーに直接聞くしかありませんでした。

 

ですがほとんどが海外メーカーなのです。 結局問い合わせ出来る会社が2社しかなかったです。 Ravpower と Anker です。

 

やはり相性が存在し Anker の製品は理論上では出来るのですがASUS 製のスマホとの相性が悪いという連絡をいただきました。 もう一社の Ravpower の  (16W) RP-PC008 が充電が出来るそうです。

ソーラーチャージャーはほとんどの店に置いてないので実際にどれほどの性能なのか店員に聞けないのは痛いですね。

ソーラーチャージャーかモバイルバッテリーか

 

しかしソーラーパネル+モバイルバッテリーと考えると費用がかさんでしまいます。それに中途半端な容量のバッテリーを買うのであれば 大型のバッテリーの方が良いと考えるようになりました。

 

さらに冬になるにつれ充電量が減り、収納し難いし邪魔になると思い購入をやめました。ソーラーチャージャーは完全に充電する事が出来ない登山向けの物だと思います。

 

パネル付きモバイルバッテリー

 

 

 

 

 

 

 

 

結局購入したのはモバイルバッテリーにソーラーパネルが付いたものにしました。母が探していたらパネル付きのものがAmazonにあってしかも多くの大容量モバイルバッテリーが5千円以内で買う事が出来ます。

 

その中の Antun SOLARONE  を選択。 容量は   22400mAh/82.8WH。

iPhone6 Plus は 2915mAh で充電出来るそうなので 22400mAh だと相当充電量がある事がわかります。 426g あります。

 

USB差し込み口が2つとスマホ充電の差し込み口が1つあります。まだ外で使用していないのでパネルの検証は出来ていないのですが、大容量は非常に便利です。

 

※追記

自宅の庭で太陽光パネルでどれほど充電出来るのか実験を行いました。

Antunモバイルバッテリー パネル充電量の実験結果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です