TOPページの3つの記事は去年の今頃いた場所です

レインウェア -Mont-bell-

レインウェア -Mont-bell-

 

 

当たり前ですが日本は雨が頻繁に降ります。

余程日程に余裕があるのであれば雨の日は移動しないなど決められますが、連日雨で全く動けないと紅葉のシーズンや各地のイベントにも間に合わない事もあります。

登山用と自転車用

 

動けて丈夫なレインウェアの購入は必須です。普通なら自転車用のレインウェアを着るのですが、モンベルのレインウェアが緑色で自転車と被ってしまうため頑丈な登山用のレインウェアを買う事に決めました。いつか登山もしてみたいと思っていたので登山用という事もあります。

 

自転車用は背中の部分が長いので自転車に乗った時の前傾姿勢時に背中とお尻の間が濡れなくて済むのです。ですがクロスバイクの場合だったらロードバイクほど前傾にはならないので大丈夫だと思います。

 

因みに登山用の丈夫というのは重い荷物を背負って擦れても大丈夫という事です。店員さんに聞いので登山用の物を買っても問題ないとの事です。

 

※ただし登山専門の店で聞いたので売りたかったのかもしれない。

 

雨天で仕事をし学んだ事

 

以前仕事で気温が 26度 の時に穴の空いたレインウェアを着て全身濡れて大変な時がありました。風が吹けば体感温度はグッと下がります。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-8雨の日での作業は簡単な事でもいつも以上に疲れてしまいます。疲労感が溜まれば翌日の調子にも関わってきます。

疲れて走行距離が短くなるのならまだ良いですが、風邪なんて引いたら最悪です。

そういった経験もある事からレインウェアは雨に強く、動けるもの、そしてゴアテックスと・・・

 

ゴアテックスとライバル製品

 

ゴアテックスとは・・なんかすごい加工をしていて蒸れを外へ出し雨には濡れない最高の素材です。一度コップの水をレインウェアに零してどれくらいの性能なのか実験した事があります。

 

水を弾くのはもちろん触ってみても濡れたとは思えない状態で触れた指に湿った感じがありませんでした。最近はどうやらゴアテックスを脅かす製品が出てきているそうです。

 

登山メーカーのコロンビアにはオムニテックという防水システムがあります。さらには英国BHA社のeVentというシステムの物が凄いらしいです。

 

透湿性がゴアテックスの2~3倍あるそうです。 もちろんゴアテックスが上回っている所もあります。耐水性です。私は購入してから知った情報なので選ぶ事は出来ませんでした。

 

透湿性とは・・・蒸気をどれだけ外に出す事が出来るかというもの
耐水性とは・・・水圧の強さ

快適さを取るか強さを取るか・・・といったところでしょうか

 

登山用の服は値段が高く上下同じレベルの物を買うと凄い値段になってしまいます。ですので私は上は高価なものを下は登山用ではあるもののランクの低い物を購入しました。

 

高くて丈夫な物を買った方が良い

 

日本は災害が多く夏になれば毎週のように台風が来ます。

よくニュース番組で強風豪雨の中で傘をさしている人が出てきます。意味のない行為ですが、傘を持っていると不思議とやってしまう行動なのでしょう。 ですが危険です。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-4

登山用のレインウェアは非常に高いですが、メンテナンスをし長期的な見方をすれば安物より圧倒的に優れデザインも悪くはありません。

 

 

安くて壊れやすい物を買いなおすのではなく、高くて壊れにくい物を長く使えばよいのです。

 

購入したレインウェア

 

私が購入したジャケットは トレントフライヤー です。モンベルのレインウェアの中で透湿性と耐水性に関して言えば一番の性能を誇っているものです。これから何回も使う事になると考えたので、値段を気にせず買う事にしました。 トレントフライヤー のデザインも気に入っております。

※mont-bellから画像使用の許可を得ています。

パンツは サンダーパス というのにしました。こちらはゴアテックスではありません。自転車に乗るという事で動きやすい物を買おうを思いましたが、漕ぎ続けると耐久性がいくら強くてもダメになってしまうと思ったので一番安い物を購入しました。

道具カテゴリの最新記事