TOPページの3つの記事は去年の今頃いた場所です

お尻が痛いのならサドル交換をお勧めします ーVELOー

お尻が痛いのならサドル交換をお勧めします ーVELOー

 

休みの日は自転車に乗る事も多く大体15kmほど走ったりします。 連日乗るわけではないのに数キロ走っただけでお尻が痛くなってしまいます。

 

サドルの必要性

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-4お尻の痛さというのは楽しいサイクリングの時間がストレスの時間に変わり、考える事は尻をどうやって助けるか、そんな事を考えるようになってしまいます。

 

日本一周なんてやったら尻が悲鳴を上げる事でしょう。 なので私はサイドバッグやテント、旅の必需品は色々とありますが、一番最初にサドルを購入しました。

 

お店で購入する場合

 

自転車道具を購入する上で全般的に言える事なのですが、道具を購入前に試す事が中々出来ないです。

 

実際に自転車を購入した時も高い場所に飾っており、店員さんにわざわざ降ろさせて貰い、試しに乗りたいという一言が出せませんでした。

 

日本人の遠慮深さというのもあるとは思いますが、高級な物を買う上ではある程度手段を選ばずに物を試すという勇気が必要だと思います。

 

サドルに関しても言える事で売っている物をお尻にはめる勇気があれば自分に合った形状のサドルを買う事が出来るでしょう。

私にはそれがありませんでした。

 

評価が高いサドルも人によっては合わないという事もあるので、お店で試せない方はお手頃価格の物を買ったほうが良いと思います。

 

サドルのやわらかさ

 

私は長時間乗っても痛くならないカットアウトサドル。そして柔らかく雨に強い物を買うつもりでした。

 

しかし、スポンジのような柔らかさだと長時間乗ってると型が出来て一定の部分に圧力が掛ってしまうため長距離には適していないと説明を受けました。

 

実際に今まで使用していたサドルはお店で売っている物を比べても柔らかかったです。あの時はソフトタイプの方がダメージが少ないと思っていたので、さらに柔らかい物を求めていましたので買っていたら後悔したでしょう。

 

サドルの感想

 

購入したものは VELO SENSO SPORTS-Zです。

 

色は5種類あって、カバーは合皮。3000円で購入出来ます。実際に試す勇気のない私はネットで評判の物を買うしかありませんでした。

 

それでもピックアップした商品を一度店で見たい私は多くの自転車ショップを見てサドルを探しましたがお目当てのサドルがありませんでした。自転車店にあるものは高価なものが多いです。

 

そこでなんとなくヨドバシカメラに寄ったらこのサドルが置いてありました。スポーツ系なのでママチャリなどに合うかはわかりませんが、基本的にサドルというものはどの自転車(サドルの筒)にも合うそうです。

 

それで使用した感想としては、痛さは軽減されました。ですが最初に座った時は形が合っていないと感じました。穴が空いているのも効果がどれほどあるのかわかりません。選択を間違えたと思いました。ただ購入して3カ月たちだんだんと慣れてきました。

 

実際に自分に合った形を選ぶ事が難しいサドルは安ければ3000円で購入出来る事もあり、合わなければすぐ別の物を買う考えに至るかもしれませんが、最初の2か月ほどは我慢して使用した方が良いと思います。

 

店を見た限り同じ値段のサドルですとこのサドルが一番オシャレでした。お尻の痛さが気になってどのサドルを買えばいいのかわからない人はVELOのサドルをおススメします。

 

サドルの調整

 

 

 

 

 

 

 

 

サドルは角度と前後の位置を変更する事が出来ます。

一概には言えないのですが基本的に角度は水平が良いそうです。銀色の部分を挟んでいるのですがそこが前後にスライド出来るようになってます。

この写真のサドルの角度は少し変えた方が良いとのアドバイスを受けました。

 

調整する時ライトが邪魔でした。簡単に変更出来るのでサドルの購入を考えてない人も気軽にスライドさせて自分に合った位置を探ってみてください

 

※追加  4日間の自転車旅で感じたサドルの感想

 

一日6時間以上、走行距離は平均で75kmくらいの自転車旅をしてきました。この4日間、特にお尻に痛みを感じる事はありませんでした。多少の違和感を感じる事はありましたが、日を増すごとに痛みに変わる事はありませんでした。

 

とらぶった
カットアウトサドル恐るべし!!

 

道具カテゴリの最新記事