TOPページの3つの記事は去年の今頃いた場所です

夜景撮影も問題なし。SonyRX-100で夜景撮影に挑戦しました

夜景撮影も問題なし。SonyRX-100で夜景撮影に挑戦しました

カメラを購入する前は撮るのが楽しみでしたが、いざ届くと出掛けるのが面倒というへタレ精神が発動してしまいました。今回は前からやってみようと思っていた夜の撮影にチャレンジしてみました。

 

ノイズを抑えるマルチショットNR

 

スマホ撮影で綺麗な夜景を撮ろうとしてブレてしまった経験はないでしょうか? あれは光量が少ないため、シャッター速度を遅くして光を取り入れようとする事で起きる問題です。

RX-100には手ぶれ問題を解決する機能が付いています。

コン太郎
どんな機能なんだコンかね?

 

それがマルチショットNRです。NRはノイズリダクションの略で、この機能は高速連射した6枚の画像を重ね合わせることでブレを軽減するそうです。

とらぶった
重ね合わせるのにブレが減る。。。訳分からん!!
コン太郎
確かに訳わかんないコン!!

 

 

このRX-100でも通常設定で夜景を撮るとブレてしまいます。実際にやってみて分かりました。そこでマルチショットNR機能を使います。これを使えば下の写真のように夜景も綺麗に撮る事が出来ます。

 


コン太郎
おおー、確かにブレてないコン
とらぶった
実際に撮ってみてビックリだよ。スマホで夜景機能とかあるけど、結局ブレるんだよね。

 

 

この日撮った写真は全て手持ち撮影で撮りました。RX-100は夜に手持ち撮影をする時には、このマルチショットNRを使用する事を推奨しています。

 

 

 

とらぶった
撮って気付いたんだけど、少し明るめに写ってるんだよね。実際はもっと真っ暗だったよ

 


手持ちなので多少の手ブレはあります。6枚の写真を合わせると言う事でズレるのではないか? と思いますが問題ないようです。 どういった仕組みなのかイマイチわかりませんが、カメラの技術者が相当凄い人達だということはわかります。

 

 

 

 

美しい光の線の撮影にチャレンジ

とらぶった
夜景って言ったらやっぱアレだよねぇ
とらぶった
光の線!!
コン太郎
あれはどうやって撮ってるんだコンか?

光の線の撮り方はシャッタースピードを長くする事で撮れるそうです。シャッタースピードを長くすると光を多く取り込めるそうです。しかし上にも書いた通りブレに弱いです。

新横浜の歩道橋からF値5.0設定で撮影した写真です。新横浜は車通りが激しいのですが、信号に引っ掛かりやすいポイントで撮ってしまったため、あまり綺麗なラインになっていません。車が低速度で込み合ってるこの場所ではF値をもっと上げる必要があります。

 

それで設定を変更した写真がこれです。確かF値は11くらいだったと思います。

とらぶった
この日撮った写真の中ではこれが一番綺麗に撮れたんだ

 

コン太郎
確かに綺麗なラインになってるコン
とらぶった
この他の写真は光のラインは出来てても周りのビルとかがブレてるんだよね
とらぶった
手すりの上で固定してたんだけど、車が通る振動でどうしても動いちゃうんだよね

 

車の速度は遅い状態で、撮影した時間帯はそこまで車が多くなくて実験するタイミングがなかなか訪れませんでした。今度はみなとみらいにある観覧車でも撮ってみたいと思います。

 

光の線を綺麗に撮るのであれば三脚は必須です。少しの振動でも影響が出てしまいます。実際、上の写真もサイズを大きくすると周りの建物がはっきりと写っていません。

とらぶった
F値とシャッター速度の関係とかもっと調べた方が良さそうだなぁ

 

雰囲気が変わるフィルター

とらぶった
最後に使ってみた機能はフィルター機能だよ

インスタグラムとかで使用されていて雰囲気をがらりと変える事が出来ます。レトロとかポップとか色々撮ったんですが、どの写真にどのフィルターを使ったのか忘れてしまったので記憶してる2枚の写真を見てください

コン太郎
そこは覚えとけコン!
とらぶった
仕方ないね 次の写真は色合い設定を変更したものだよ
とらぶった
これが、寒い雰囲気を出した写真だよ

とらぶった
次は暖かい感じ

とらぶった
フィルター使用したって言えば、まぁそんなもんだろと思うかもしれないけど、世の中の綺麗な写真の中には実はフィルターを使っているから綺麗に見えるヤツがあるかもしれないよ

 

他にも色々とフィルターがあって、赤色のみを抽出したフィルターや色の鮮やかさを変更する事も出来たりします。頻繁に撮られる建物の写真もフィルターなどを駆使すれば、また違った雰囲気で撮る事が出来るのでこれからも色々と試して行きたいです。

雑談カテゴリの最新記事