装着面倒だけど、付けたら凄い便利!センタースタンド -GIZA PRODUCTSー

メーカーと購入品

 

私が購入した足が2本あるセンタースタンドは日本のマルイが2010年に立ち上げたブランド GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) の商品です。

 

ブランドコンセプトは「初心者ライダーが使いやすく買いやすい商品を提供すること」らしいです。

 

安定した2本足のスタンドが調べても数少ないので買う事になれば必然的に辿り着くメーカーになると思います。   因みにこのセンタースタンドはお店には中々売っておりません。

 

スタンドもサイドバッグ同様蒲田のお店で購入しました。 近くに住んでいるのであれば一度くらい寄ってみても良いかもしれません。

 

購入したのは アジャスタブル ダブルレッグ センタースタンドCL-KA56 です。

 

スタンドの重さは560g。 30kgまで耐えられます。 サイズアジャスト機構(20-28)だそうです。  おそらくタイヤサイズの事でしょう。 金額は2800円でした。

 

重量の問題

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-17

 

購入前に疑問に思った事だったのですが、自転車のタイヤ2つが地面に接地しております。

 

なので重さも分散されるので、積載重量はもっとあるのではないか? そこで聞いてみた結果。 重さは分散されますが、それは関係なく全体の重さの事でした。

※追加 タイヤを含めた4点で支えると斜面に停める時スタンドが接地しない事があります。なのでスタンドだけで支えなくてはなりません。

 

私の自転車はクロスバイクにしては重くて 15kg はあります。さらにサイドバッグなどの重さも考えると重量オーバーとまでは行きませんが、ふとした時に重いものを乗せたら壊れてしまうかもしれません。

 

「日本一周自転車」で画像検索するとすごい量の荷物を乗せている自転車がたくさん出てきますが、どんなスタンド付けてるかよくわかりません。

 

あの量になるとこのスタンドで支えるのは難しくなると思います。  世界一周している人のブログでは木の棒をスタンド代わりに使っているそうです。  重さを徹底的に排除した考えなのでしょう。

 

他にも持ち運び出来るスタンドなどがありましたが、自転車に直接付けるタイプではないスタンドなのでそこまで重いものは支えられないです。

 

使いやすさ

 

センタースタンドは使い勝手がよく自転車旅をする人でなくても装着する事をおススメします。

 

昔スタンドを付けてもらおうと思い自転車屋に行き頼んでみたら、店員さんが付けない方がかっこいいよと言われそれから見栄えを重視し、付ける事を辞めることにしました。 その時はセンタースタンドの存在を知りませんでした。

 

スタンドがないとどうしても自転車を停める所に苦労してしまいます。 旅のように大きい荷物があれば停められないのは致命的、自転車の写真を撮る事も出来ません。

 

横浜駅周辺は本当に自転車を停める所が少なく不便です。もっと駐輪場を増やしてほしいです。

 

そういった時にセンタースタンドです。見た目も損なわないし、どこでも停められます。もちろん、どこでもと言っても長時間の駐輪と人の邪魔になる所はダメですよ。

 

短時間で邪魔にならない所であればという事です。 普通のスタンドと違いどこか特別な感じも出ています。

 

とりあえず旅に出る時は特別な理由がない限り装備するのは必須です。

 

取り付け方

 

問題点もあります。 それは

 

装着が面倒

 

それもタイヤ交換の比ではないくらいダントツで面倒です。

 

自転車屋に持ち込んでもやってくれるかわかりませんネットでもこの問題を見かけ、自分の自転車は大丈夫だと信じていましたが、ダメでした。それくらい頻繁にあるようです。

 

固定方法ですが、フレームを付属の金属の板で上下から挟み中心にネジを通します。 分かりにくいかもしれませんが穴を空けるわけではありません。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

それで最大の問題点が下の金属板がワイヤーに干渉してしまう事です。センタースタンドと自転車を同時に見る機会が少ない為ワイヤーの事を意識せず買ってしまうのでこの問題にぶつかる人が多いのでしょう。

 

見にくいですが、ワイヤーの上に金属板があります。要するに金属板が厚くてワイヤーの上に収まらないということです。

 

思いつく解決方法は一つ、ワイヤーに干渉しないようになるまで削るのです。金属板という事もあり長い時間かけないといけませんでした。

 

結構削らないといけないとダメです。写真を撮っておくべきでした。そしてこの作業後にも問題点があります。

 

 

取り付け方 ゴム板の購入

 

一つはゴム板が付属されていません。自転車を傷つける事を防ぎ、ずれ防止にも繋がります。

 

ゴム板はホームセンターに行けば100円で買えます。スポンジ系もありますが、ツルツルしたゴムを買いました。スポンジ系は劣化すると機能ががらりと変わるので辞める事にしました。

 

ネジが通る穴を空けなければなりませんので厚過ぎるとダメですが一番薄いのもネジを回す時に一緒に回転しまい調整するのが難しいです。私は一番薄いのを買ってしまったため写真のようにゴムが少しずれています。

 

取り付け方 ネジの購入

 

削りきり、ゴム板も完成。ですがまだ問題がありました。ネジが短すぎるのです。ネジのサイズは 3/8インチ 長さは 65mm のボルトの物が必要です。長さは自転車によって変わりますが3/8は確定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この 3/8インチ が珍らしいようで大型のホームセンターにおいてありませんでした。 私は商店街にある道具屋で購入しました。

 

左から90,75,60だったはず・・・ とりつけたのは65

 

似たようなサイズもありますがネジ溝の間隔が違います。付属のネジでも合うという意見も見かけましたので一度合わせてみるとよいでしょう。大体問題点はこれくらいです。

 

 

最後に合わせる時はペダルに接触やサイドバッグがついた時の事も考えて位置調整してください。

 

ネジが合わなかったり、削るのが大変だったりで何日かかけてやりました。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-12

装着は非常に面倒ですが、付けば非常に便利なので挑戦してみてください。

削るのは本当に大変でした。

“装着面倒だけど、付けたら凄い便利!センタースタンド -GIZA PRODUCTSー” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


人気ブログランキング