ゲーム制作専門学校に入学しようか迷っている人

私はゲーム制作専門学校に2年間通いました。専門学校に入るか、大学に入るか悩む人も多いと思います。 私もそうでした。

 

私立大学より優れている点

 

まず、大学と違い2年生があると言う事。これは金銭に余裕がない人も通える事になります。最近テレビで貧困な若者を取り上げるニュースがあります。授業料を払うために夜のバイトをする事になり、寝不足で授業をまともに受けられない。この無限ループの繰り返し。

 

また専門学校は1つに特化するので、その分野に関しては仮に2年間でも4年間の大学勉強だけでは専門学校の特化した1分野に追いつ事は難しいでしょう。

 

1つの分野に絞って皆入学しているので、その分野に対する覚悟の強さも一般的な大学より上だと思います。お互い競い合い高め合えるでしょう。

 

大学が優れているであろう事

 

4年間あるので、じっくり勉強出来るし、分野に特化していないので挫折した時のリスクが少ない。専門学校の場合ゲーム関係1択だと、IT関係くらいしかなくなってしまうのでジャンルの違う大手企業に入るのは難しいと思います。

 

専門学校には大学のような活発的なサークルがないです。サークル活動から別の道に行くという事も考えられます。多くの趣味が増える可能性が大学の方があると思います。

 

私の専門学校では元ゲーム制作会社にいた人が講師でしたが、大学は人生をその分野に捧げた教授がいます。同じ道を志すのであれば大学の方がより深く学ぶ事が出来ると思います。

 

 

専門学校は色々な人がいる

 

専門学校は試験がないため、敷居が低く明確な目標さえあれば入りやすい学校です。高校の偏差値が40~65と幅はありますし、年齢も様々で私の知る限りだと最高年齢が35歳。大学卒業後に専門学校に通う人なんかはザラにいます。 現状に不満があって過去に切り捨てた思いにチャレンジする人とかも通っているのでしょう。

 

日本のゲームは有名なので、日本企業に入りたいと努力している留学生も多かったです。

とらぶった
留学生は日本語ペラペラだったなぁー
とらぶった
ボクのクラスには中国、台湾、アイスランドから来てる人がいたよ!
コン太郎
海外の人と友達とか、なんかかっこいいコン!!

 

 

ゲームプランナーになりたい人

 

ゲーム制作にはプログラマーとプランナーがいます。プランナーはゲームの企画を作ったり進行管理などをします。私の学校ではプログラマーとプランナーのどちらかのコースを選ぶ事になっていました。

 

プランナーになりたかったのですが、プランナーコースは実際何をやるのかわからないし、面白いアイデアは学校で得られるわけではないと思い、技術が付き自分でゲームを作る事が出来るプログラマーコースにしました。

 

プランナーになりたい人はたくさんいると思います。ですが、プランナーになる為には何をすればよいかという明確な答えがわかりません。 絵を描くデザイナーからプランナーになる人がいるそうですし、どういった経緯でプランナーになるのか今でも分かりません。 今度ゲーム業界に行った友人に聞いてみたいと思います。

 

学校から直接プランナーとして働こうと思うのであれば、とにかく企画書を大量に書かなければいけません。ですが、情けないと思う方もいると思いますが、自分が面白いと思った空想をさらけ出して実際に仕様書にするのは恥ずかしさもあり実行するには勇気がいります。

 

それを入りたいゲーム会社に送って却下されたら、センスがないと烙印を押されるのと同じかもしれません。

とらぶった
それでもボクはプランナーになりたいんだ!!

 

プランナーは考えたアイデアを相手に伝えられなければいけません。 絵が描けると有利になると思います。とにかく相手に見せて驚かせるくらいじゃないとイケません。プログラマーとしてゲーム制作方法を学べば、個人制作ゲームを作って企画をPRするのも一つの手だと思います。

 

プログラマーコース 卒業まで

 

1年生ではC言語を学び、2年では科目を選択し、やりたい言語を勉強する感じでした。 1年生で1回チーム制作があり、2年生では2回のチーム制作があります。5,6人で作るチーム制作で1つのゲームを作るのに2,3カ月の期間が必要になります。

 

ゲーム業界に入るにはある程度のクオリティの個人で作ったゲームが必要になります。 個人制作のゲームが無ければゲーム業界就職のスタートラインに立てていないのと同じです。なので2年生になると就職活動とチーム制作に追われ、個人制作の時間が少なくなってしまうので、チーム制作期間に入る前にゲームを作らないといけません。

 

私の場合どうしてもゲーム会社に入りたかったので説明会にはほとんど行かず、ゲームを作っていました。

とらぶった
というか説明会って意味あるのかなぁ~ずっと疑問だったよ 学生の頃

 

とにかく2年目になると個人制作期間が少なくなるため、1年生の時点で個人でゲームを作れるくらいのレベルにならなければいけません。なので実際にゲームを作る期間が設けられているチーム制作が重要になってきます。

 

とらぶった
よし!じゅあチーム制作頑張ろう!! と、言いたいところなんだけど

 

チーム制作分担作業ですが、1人優秀な人がいると難しい所は全てやってしまうので、残るのは極簡単な作業になってきます。これでは自分の能力アップに繋がりません。もし簡単な役割を当てられてしまった場合、しょうがないので個人制作に没頭しましょう。 遊んだら脱落組に入る可能性大。

 

私は実際に2回目のチーム制作では大した作業をする事がありませんでした。その時にプログラム言語のC++を学んだり、3Dゲームの制作をしていました。

とにかくスタートダッシュが重要です

 

実際ゲーム会社入れるのか

 

卒業時に作った3Dのゲームが中途半端で、何社か出したのですが落ちてしまいました。それで私は卒業後就職せず、1年間ゲーム制作をしていました。 おかげで家庭用ゲームを作っている会社に就職する事が出来ました。

 

なので2年間だと難しいですが、良いゲームを作ればちゃんと受かります。また、最近ではスマホのゲームが流行っているためソーシャルゲーム業界であれば難易度が一気に下がると思います。

 

また、業界に入る手段としてインターン制度があります。インターンであれば比較的に入りやすいはずです。SEGAのような一般人でも知っているような大きな会社に入りたいのであれば、数学、物理が出来なければ入れません。逆に言うと勉強さえ出来れば、専門学校でプログラムを学んでる事は一般的な大学にはない大きなアドバンテージになるでしょう。

それとゲームエンジンも扱えるようになったほうが有利です。Unityとか

どんなゲームを作れば就職出来るのか

 

私が作った作品で拘った部分というのは、面白さよりも快適に遊べるよう意識しました。例えばパソコンでデスクトップにあるアイコンを一度クリックすると色が変わります。色が変わらなかったらクリックしたかどうかわかりません。 ユーザーは意識しませんが、製作者側は気にしなければいけません。 ゲームにはよくある事です。という事で、

UI(ユーザーインターフェース)には気を使いましょう。 

企業側に提出するゲームは量より質です。量も20以上とかになれば別ですが、そんなに作るのは無理でしょう。 ここで言う、質とは動きの滑らかさだったり、当たり判定、どれだけ画面を立派に見せるかなどです。自分はここに拘りましたと言えるものがなければいけません。

私の場合、当たり判定は雑でゲーム内容も面白くない作品を作ってしまいました。ですが、UIや操作性には力を入れました。

とらぶった
楽しいゲームになるよう作ってたんだけど、色々盛り込み過ぎてクソゲーになっちゃったんだ。。。

 

作るゲームは好きなジャンルのものを作った方がいいです。3Dゲーム制作の手始めとして釣りをするゲームを作っていました。ですが、人生で一度も釣りをした事なくて楽しみを見出せず、制作中に飽きてしまい、結局完成に至らなかった事があります。好きなジャンルであれば続きやすいでしょう。

 

色々な言語を学び、人気のゲームエンジンを使えるようになったほうがいいですよ。(2度目)

実際専門学校は良いのか

ズバリと言いますが、大学に行く目標が特になくて、やりたくない勉強をするという人、かつ国立大学、有名私立大学に入れない方は専門学校の方が良いと思います。経験上。

 

定期的に発表する機会があり、お互いを高め合う環境なので真面目に勉強すればそれなりの成果は出ると思います。ですが、実際の所ゲーム会社に入れる人は1割程度です。

 

原因は個人制作のゲームが作れていなかったり、家庭用ゲームを作っている会社にしか入りたくない などあって、スマホゲーム業界を受けなかったりする事だと思います。ソーシャルゲーム、パチンコ業界、R18ゲーム。視野を広げれば受かる可能性は格段に上がると思います。

 

はっきり言って積極的に勉強すれば、どんな大学でもゲーム会社に入る事は出来ると思います。ですが、意識が低い中でやる気を保つのは困難です。 専門学校でも授業中にスマホを弄ったり、睡眠学習している人、夜中にゲームして睡眠不足で学校に来る人はいます。

コン太郎
どっかで聞いた話だコン 

 

とらぶった

 

とらぶった
いやぁ 友達とやるオンラインゲーム面白いんだよね 徹夜もあったなぁ

 

とらぶった
まぁちゃんとゲーム会社入れたからいいんだぁ

ですが、留学生のようなやる気MAXで来ている人と共に行動すれば、自分も見習わなければと思うでしょう。そういった周りの環境が大学と比べて良いと思います。

 

大学に行って中退したり、就活に失敗したり、勉強した内容と全く違った会社に行ったり、その挙句、奨学金返済に追われてしまう人がいます。 馬鹿にするようで悪いですけど、学校生活の密度が違うと思いました。

 

最後にゲームプログラムはITという逃げ道があります。しかし専門学校の中には逃げ道がない分野もあります。その場合はより慎重に検討した方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


人気ブログランキング